福島県

駒田屋本舗「みそまんじゅう」

りんご

日本橋ふくしま館MIDETTEには食品や銘菓をはじめ、お酒やお弁当、工芸品…福島県にゆかりのあるものがたくさんおいてあります。

広い店内の一角に、ちょこんとお盆にのったおまんじゅうたちを発見!

なんだか懐かしい雰囲気に惹かれてみそまんじゅうを買ってみました。

今回は駒田屋本舗「みそまんじゅう」をご紹介します。

商品名駒田屋本舗 みそまんじゅう
価格80円+税
購入場所日本橋ふくしま館MIDETTE
購入日2023.5.19
商品の特徴 薄皮にたっぷりのこしあん
味噌がほのかに香る
ほかにも、みそぱんやチーズみそぱんも

※記事の情報は購入当時の情報です。現在とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

駒田屋本舗「みそまんじゅう」

駒田屋本舗

江戸時代後期創業、福島県にある老舗の和菓子屋さんです。

元祖「みそぱん」、福島名物「みそまんじゅう」、作曲家・古関裕而氏の青春の味「矢の餅」などを手作りで製造・販売しているお店です。

みそまんじゅう

北海道産小豆で焚き上げたこしあんをみその練り込まれた生地で包あんした福島名物のおまんじゅうです。

みそぱんの商品紹介には、味噌と小麦粉は福島県産とありましたので、おそらくみそまんじゅうに使用されている味噌と小麦粉も福島県産だと思われます。

裏にある原材料を見ると、食品添加物は膨張剤のみ。

みそまんじゅうは国産の材料と、必要最低限の添加物(膨張剤)でつくられているんですね。

りんご
りんご

みそまんじゅうを買ってから知りましたが、みそまんじゅうよりもみそぱんのほうが有名のようです…!

駒田屋本舗「みそまんじゅう」を実際に食べた感想

お皿の直径は12cmです。

手のひらにちょこん、とのる小さめサイズのおまんじゅうです。

割ってみると、薄皮にぎっしりとこしあんがつまっています。

薄皮には塩気があり、ほのかに味噌の香りを感じます。

塩気のある皮とこしあんの組み合わせって最高ですよね…!

三口くらいで食べ終わってしまい、もっと買ってくればよかったな~、と後悔。。

りんご
りんご

チーズみそぱんも一緒に購入したのですが、チーズ大好きな息子に見つかってしまい食べられてしまいました😂息子曰く、とっても美味しかったそうです…!

駒田屋本舗「みそまんじゅう」はどこで買える?

今回、私は福島県のアンテナショップ日本橋ふくしま館MIDETTEでみそまんじゅうを購入しましたが、ネット通販でも購入することができます。

日本橋ふくしま館MIDETTE

東京メトロ銀座線・半蔵門線三越前駅A8出口から徒歩3分
JR神田駅東口・南口から徒歩5分

ネット通販

(準備中)

駒形屋本舗「みそまんじゅう」の商品概要

商品名駒田屋本舗 みそまんじゅう
価格80円+税
購入場所日本橋ふくしま館MIDETTE
購入日2023.5.19
消費期限2023.5.22
栄養成分1個あたり
熱量 120kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 3g
炭水化物 22.1g
食塩相当量 0.1g
原材料こしあん(小豆(国産)、砂糖、水飴)、小麦、味噌(大豆を含む)/膨張剤
ABOUT ME
りんご
りんご
アンテナショップ好きの主婦
週に一度はアンテナショップに通っています。インスタでは毎日、アンテナショップで買った商品を素直な感想つきで紹介しています。現在、23道県のアンテナショップに行きました。
記事URLをコピーしました