高知県

澁谷食品「塩けんぴ」

りんご

高知県の郷土菓子、芋けんぴ!

銀座にある高知県のアンテナショップまるごと高知には、たくさんの種類の芋けんぴが販売されています。

今回は澁谷食品「塩けんぴをご紹介します。

商品名澁谷食品 塩けんぴ
価格198円
購入場所まるごと高知
購入日2023.5.8
特徴 国産さつまいも、室戸海洋深層水を使用
歯ごたえのある、やや硬めの食感
ほかの芋けんぴと比べると甘さ控えめ

※記事の情報は購入当時の情報です。現在とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

澁谷食品「塩けんぴ」について

澁谷食品

昭和27年創業、半世紀以上もさつまいも菓子だけを作っている会社です。

なんと、芋けんぴの生産量は世界一!
(海外に芋けんぴってあるのかな…?笑)

芋けんぴ生産量の全国シェアは50%を占めていて、自社ブランドだけでなく、コンビニや大手量販店のプライベートブランド商品も手掛けています。

りんご
りんご

揚げたて芋けんぴで有名な芋屋金次郎は澁谷食品が母体になっているよ!

塩けんぴ

国内の契約農家で栽培されたさつま芋を使用した芋けんぴに、室戸海洋深層水で仕込んだ糖蜜で味付けしました。
ほんのり塩味の効いたスッキリとした甘さが特徴です。

高知県産品データベース

パッケージには、国産「黄金千貫」使用、とも書いてあります。

あまり聞いたことがない品種ですが、収穫量は紅はるかや安納芋よりも多く、主に芋焼酎の原料や加工品として使用され、あまり甘くないのが特徴のさつまいもです。

ちなみに、海洋深層水は太陽光がほとんど届かない「水深200m以深」にある海水の総称です。

室戸海洋深層水は、マグネシウムやカルシウム、カリウム等、多種類のミネラルを含んでいる海水で、様々な有効利用について研究されています。

澁谷食品「塩けんぴ」を実際に食べた感想

中身を少しだけ出してみました

パッケージの写真よりも実際は少し太めですが、普通の芋けんぴと同じくらいの太さです。

ポリポリ、というよりボリボリに近い硬めの食感で食べ応えがあります。

“塩”けんぴとありますが、そこまで塩感は感じませんでした。

原材料にも食塩の表記はないので、ほんのりと感じる塩気は海洋深層水由来なのかな、と。

芋けんぴなので砂糖がかかっていてもちろん甘いお菓子ですが、ほかの芋けんぴと比べると甘さ控えめに感じました!

自然な甘みがお好みの方におすすめです。

りんご
りんご

後引きなお菓子なのでついつい手が止まらなくなりますが、一袋あたり535kcalほどありますので、食べ過ぎ注意です…!

澁谷食品「塩けんぴ」はどこで買える?

今回、私は銀座にある高知県のアンテナショップ「まるごと高知」で購入しましたが、まるごと高知以外でもネット通販で購入することができます。

まるごと高知

JR有楽町駅より徒歩2分
東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅3番出口すぐ

ネット通販

(更新予定)

澁谷食品「塩けんぴ」の商品概要

商品名澁谷食品 塩けんぴ
価格198円
購入場所まるごと高知
購入日2023.5.8
内容量105g
栄養成分100g当たり
熱量 509kcal
たんぱく質 1.9g
脂質 25.3g
炭水化物 68.5g
食塩相当量 0.2g
原材料さつま芋(国産)、砂糖、植物油脂、海洋深層水、オリゴ糖

ABOUT ME
りんご
りんご
アンテナショップ好きの主婦
週に一度はアンテナショップに通っています。インスタでは毎日、アンテナショップで買った商品を素直な感想つきで紹介しています。現在、23道県のアンテナショップに行きました。
記事URLをコピーしました